本庄市が西武の県内40市町目のフレンドリーシティに 松井稼頭央2軍監督も歓迎

本庄市が西武の県内40市町目のフレンドリーシティに 松井稼頭央2軍監督も歓迎
本庄市と西武が「連携協力に関する基本協定」を締結【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
12日に「連携協力に関する基本協定」を締結

 本庄市と株式会社西武ライオンズは12日、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)」の活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結したと発表した。この締結により、本庄市は、西武ライオンズのフレンドリーシティとなった。

「L-FRIENDS」は地域コミュニティ活動の総称。地域、ファン、選手、スタッフがひとつの仲間としてつながり、未来に夢をつないでいくということを目的に「野球振興」「こども支援」「地域活性」の3つの柱を中心に取り組んでいる。また、フレンドリーシティとは西武と連携協力に関する基本協定を締結している市町のことだ。

 フレンドリーシティは、具体的な協働事業の項目として「スポーツ振興に関すること」「青少年の健全育成に関すること」「地域振興に関すること」の3つを掲げている。「スポーツ振興に関すること」では、体を動かすことの楽しさや、スポーツの魅力を1人でも多くの人に実感してもらうことを目的に、学校における授業支援や、野球型スポーツイベントを実施。「青少年の健全育成に関すること」では、小学校・中学校における招待券の配布や、幼稚園や保育園における球団マスコットと園児との交流を行っている。

 また、「地域振興に関すること」では、市の施策や広報などにおけるライオンズの商標・肖像の活用や、各催しへの球団マスコット及び公式パフォーマー・ブルーレジェンズの派遣、メットライフドームで行われるフレンドリーシティ感謝デーでのPR出展を予定している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。