セ・リーグで唯一新人の1軍登録がない中日 ドラ1根尾&ドラ2梅津の現在地は?

セ・リーグで唯一新人の1軍登録がない中日 ドラ1根尾&ドラ2梅津の現在地は?
中日・根尾昂【写真:福谷佑介】
根尾は2軍で打率.143「プロの変化球は受け身では打てないし、見極められない」

 今年もルーキーが躍動している。

 巨人の高橋優貴は3勝をあげ、DeNAの大貫晋一は2勝をマーク。広島の島内颯太郎は開幕1軍を掴み、ヤクルトの坂本光士郎もプロ初登板を経験。阪神の近本光司と木浪聖也はチームの主力として何度も勝利に貢献している。

 実はセ・リーグで中日だけが新人の1軍登録がない。期待の2人の現在地を探った。

 4月19日。ナゴヤ球場。19歳の誕生日を迎えたドラフト1位ルーキー根尾昂は左手人差し指に包帯を巻いていた。3日前に走者と交錯し、8針を縫う怪我をしていたのだ。

「もうすぐ抜糸できます。復帰は近いと思います」

 言葉通り、5月4日に実戦復帰した。ここまで28試合で打率.143。106打席で36個の三振を喫している。

「山岡(泰輔)さんのスライダーには驚きました」

 オリックスの開幕投手が調整登板した3月15日。根尾の公式戦第1打席は見逃し三振だった。最後のスライダーに手も足も出なかった。

「コーチの方からも言われているのですが、プロの変化球は受け身では打てないし、見極められない。必ず打ちに行かないと。今は対応できず、悔しいです」

 唇を噛む根尾の目には闘志が宿っていた。この「打ちに行って見極めること」が体得できず、三振の山を築いている。石井昭男2軍打撃コーチに現状を聞いた。

「マシン打撃は文句なし。ストライクばかりだから、全て自分のポイントで打てる。長所はインパクトの強さ。打球音が全然違う」と目を細める。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヤクルトスワローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヤクルトスワローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。