打者の総合指標RCから見る貢献度 現在1位は西武山川、ヤクルト山田哲

打者の総合指標RCから見る貢献度 現在1位は西武山川、ヤクルト山田哲
西武・山川穂高(左)とヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
打撃面の総合指標を示すRC

 ペナントレースはほぼ3分の1を消化した。この時点で、打者の貢献度をRC(Runs Created)という指標で見てみよう。

 RCは安打、長打、四死球、三振、盗塁、盗塁死、犠打、犠飛、併殺打など打撃面のすべての数字を組み合わせて算出した打撃面の総合指標。得点や打点とほぼ同じ水準になるように調整されている。

パ・リーグ RC10傑

1 山川穂高(西)33.77(137打数37安15本42点0盗 率.270)
2 レアード(ロ)30.53(133打数41安13本28点0盗 率.308)
3 今宮健太(ソ)29.64(149打数50安8本22点2盗 率.336)
4 茂木栄五郎(楽)29.17(150打数47安4本15点3盗 率.313)
5 浅村栄斗(楽)29.11(144打数42安8本25点0盗 率.292)
6 大田泰示(日)28.48(154打数49安6本24点3盗 率.318)
7 吉田正尚(オ)28.04(129打数35安8本21点3盗 率.271)
8 秋山翔吾(西)26.75(138打数40安5本15点3盗 率.290)
9 西川遥輝(日)25.74(150打数43安2本13点6盗 率.287)
10 森友哉(西)24.71(121打数37安5本28点1盗 率.306)

 昨年3位(125.21)の山川穂高が昨年同様の活躍。日本ハムからロッテに移籍したレアードが2位。昨年は1シーズン通して61.38だったから1.5倍に増加したことになる。昨年パのRC1位は、西武秋山翔吾(127.53)、2位はソフトバンク柳田悠岐(126.52)だったが、柳田は故障で戦線離脱。秋山は昨年に比べればやや成績が落ちている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。