異例の外野手→投手転向が人生の転機に オリ張奕、育成から1軍への逆転人生

異例の外野手→投手転向が人生の転機に オリ張奕、育成から1軍への逆転人生
オリックスの張奕【画像:(C)PLM】
5月1日に支配下登録、16日のロッテ戦では1軍デビューを果たす

「令和最初の日」となった、2019年5月1日。この日、台湾出身のひとりの若者が人生の新たな一歩を踏み出した。同日、オリックスは育成選手だった張奕(ちょう・やく)投手を支配下選手登録することを発表。レアケースともいえる野手から投手へのコンバートを成功させた25歳の右腕は、パ・リーグで存在感を示しつつある台湾出身選手たちに続く新星となれるか。

 チャイニーズ・タイペイ代表の中心選手として活躍する陽岱鋼(巨人)のいとこでもある張奕投手は、その陽岱鋼選手と同じ福岡第一高校に入学し、投打にわたって活躍を見せる。その後、日本経済大学を経て、2016年の育成ドラフト1巡目でオリックスから指名を受けてNPB入りを果たす。

 張奕投手がプロとしてのキャリアをスタートさせたポジションは、陽岱鋼と同じ外野手だった。だが、1年目の2017年は2軍で59試合に出場して打率.091。続く2018年も2軍の15試合でノーヒットと、プロの壁に直面して打撃面で力を発揮できず。支配下登録に向けて、いばらの道が続いていた。

 そんな中で行われた大胆なコンバートが、張奕投手にとって大きな転機となった。高校時代は投手としても活躍していたこともあり、2018年6月に外野手から投手へ転向。投手から野手というコンバートの例は多いが、逆のパターンで一軍戦力となったのは萩原淳氏(元オリックス、日本ハム・ヤクルト)や嘉勢敏弘氏(元オリックス)といったごく一握りの例しかないという、かなり珍しいケースだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。