オリックス大城、ホークス今宮、中日高橋&京田…今季「大型化」した打者たち

オリックス大城、ホークス今宮、中日高橋&京田…今季「大型化」した打者たち
オリックス・大城滉二【写真:荒川祐史】
RC27で数値が昨年より30%以上アップした選手は…

 一般的に投手と異なり、野手の成績はレギュラーになると数字的に安定するものだが、なかには突如「打撃開眼」したかのように打ちまくる選手もいる。今季はパ・リーグで「大型化」した選手が目立っている。

 RC27は、安打、長打、盗塁、四死球、犠打犠飛などを組み込んだ打撃の総合指標のRC(RunsCreated)に基づき、その打者が27アウトで平均何点取れるかを算出した数値だ。個々の打者の得点能力を表している。

 2018年に300打席以上、2019年は5月17日時点で100打席以上立った打者の中で、この数値が前年より30%以上アップした選手を見てみよう。

○パ・リーグ

大城滉二(オ) 130.6% 2.67→6.17
2019年(オ) 110打数35安3本12点6盗 率.318
2018年(オ) 377打数87安4本28点15盗 率.231

レアード(ロ) 105% 4.47→9.16
2019年(ロ) 144打数46安14本30点0盗 率.319
2018年(日) 450打数105安26本65点0盗 率.233

今宮健太(ソ) 69.1% 4.25→7.19
2019年(ソ) 163打数53安8本23点2盗 率.325
2018年(ソ) 354打数94安11本45点5盗 率.266

茂木栄五郎(楽) 56.8% 4.22→6.61
2019年(楽) 166打数49安4本15点3盗 率.295
2018年(楽) 361打数89安7本24点12盗 率.247


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。