【MLB】大谷翔平、復帰後初本拠地に「楽しい」 元女房役と再会で「会えて良かった」

【MLB】大谷翔平、復帰後初本拠地に「楽しい」 元女房役と再会で「会えて良かった」
5戦連続となる安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
マルドナードと久々に再会「髪がなくなっていたので、最初誰か…」

エンゼルス 5-2 ロイヤルズ(日本時間18日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、トミー・ジョン手術から復帰後初の本拠地での試合となったロイヤルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。4打数1安打で5試合連続ヒットを記録した。エンゼルスは5-2で勝利して連敗を「2」でストップ。大谷は試合前に、元女房役で今季ロイヤルズでプレーするマーティン・マルドナード捕手と再会。「嬉しかった」と振り返った。

 229日ぶりにエンゼルスタジアムで公式戦の打席に立った大谷は、第1打席は空振り三振、第2打席は痛烈な打球も遊直に倒れた。4点リードの5回無死一塁で迎えた第3打席で相手先発右腕ケラーの93マイル(約150キロ)の直球を捉えて中前打。5試合連続安打とした。

 7回無死一塁で迎えた第4打席では、救援右腕バーロウのカーブに手が出ず見逃し三振。エンゼルスは5-2で勝利した。大谷は試合後、久々の本拠地での試合に「やっぱりいいものだと思いました。お客さんも入ってましたし、ホームのほうが楽しいかなと思います」と振り返った。

 試合前には、昨年7月までエンゼルスに在籍していたマルドナードと再会。エンゼルスも2人のハグの動画を公開した。「試合前も楽しく話せましたし、久しぶりに会えて良かったなと思います」と大谷。マルドナードが移籍後も常に大谷を気にかけていることについては「嬉しいですね。友達として」と本音を明かしつつ、「正捕手として出ているので、もちろん素晴らしいキャッチャーですし、今日も盗塁を刺してましたけど、相手になるとしたら嫌なキャッチャーなので、そこは僕がランナーのときもそうですし、打つときも考えることじゃないかなと思います」と話した。

 一方、米メディアの取材でもマルドナードとの再会について質問が飛び出したが、大谷は「髪がなくなっていたので、最初誰か分からなかったですけど、相変わらずよく喋るなと思いました」と答え、笑いを誘った。“友情”は今も続いているようだ。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。