【MLB】大谷翔平、復帰後初の本拠地で5戦連続安打 元女房役は「髪がなくて…」

【MLB】大谷翔平、復帰後初の本拠地で5戦連続安打 元女房役は「髪がなくて…」
229日ぶりに本拠地での試合に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
復帰後初の本拠地・ロイヤルズ戦で「3番・DH」で4打数1安打 試合前にマルドナードと交流

エンゼルス 5-2 ロイヤルズ(日本時間18日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、復帰後初の本拠地・ロイヤルズ戦で「3番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中前打を放ち、4打数1安打。5試合連続安打をマークした。チームは5-2で快勝し、連敗を2でストップした。

 229日ぶりの本拠地の大歓声に心が踊る。大谷のバットから快音を飛び出したのは5回無死一塁だった。先発右腕ケラーの93.1マイル(約149.8キロ)の直球を中前へ打ち返した。5試合連続安打。地元ファンから温かい歓声を受け、「いいものだと思いましたね。お客さんも入ってましたし、ホームのほうが楽しいかなと思います」と笑顔を浮かべた。

 懐かしい男との再会もあった。試合前の打撃練習前。昨季バッテリーを組んでいたマルドナードが寄ってきた。ハグをすると、元女房役からは腹に“ワンパン”。その後、スキンヘッドになった頭を体に“スリスリ”された。同じユニホームでなくとも仲の良さを伺わせる一幕だった。

「髪がなくなっていたので、最初誰か分からなかったけど、相変わらずよく喋るなと。試合前も楽しく話せましたし、久しぶりに会えて良かった」

マルドナードは「相手になるとしたら嫌なキャッチャー」

 ただ、試合では真剣勝負だった。“お喋り”な元女房役から話しかけられたのは第1打席だけ。5回に中前打を放ったものの、初回1死二塁は空振り三振、3回先頭は遊直、7回無死は見逃し三振と手玉に取られた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。