【MLB】大谷翔平、本拠地初アーチ一問一答「右翼へは角度さえ付けば当てただけで入る」

【MLB】大谷翔平、本拠地初アーチ一問一答「右翼へは角度さえ付けば当てただけで入る」
「3番・DH」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
今季2号は復帰後初の本拠地弾「盛り上がりも素晴らしい」

エンゼルス 6-3 ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦で「3番・DH」で5試合連続スタメン出場。6回の第3打席で4試合ぶりのホームランとなる今季2号2ランを放った。本拠地でのホームランは復帰後初。昨年9月26日(同27日)のレンジャーズ戦以来、234日ぶりだ。

 6回1死一塁。先発右腕ジュニスの初球91マイル(約146キロ)の直球をとらえた。高々と舞い上がる打球を右翼席へ運んだ。前日17日(同18日)に229日ぶりにエンゼルスタジアムの打席に立ち、4打数1安打と5試合連続安打をマーク。そして、この日は今季本拠地初アーチをかけ、ファンを熱狂させた。

 試合後の一問一答は以下の通り。

――本拠地のファンの前で初めて本塁打を打った。
「まずいい追加点が取れたので、まずそれが良かったんじゃないかなと思います」

――地元ファンは盛り上がっていた。
「いいものですね。盛り上がりも素晴らしいなと思いますし、打つことによって球場全体の雰囲気がよくなるので、より勝つ確率が高くなるかなと思います」

――初球の内角直球を捉えた。狙ったか。
「カウントにかかわらず、しっかり自分のスイングとタイミングでいければいいなと思ってました」

――打った瞬間に入ると思ったか。
「高く上がりましたけど、打った瞬間に行くんじゃないかなと思いました」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。