今季は犠打「0」で首位打者射程 ホークス今宮健太の“大モデルチェンジ”

今季は犠打「0」で首位打者射程 ホークス今宮健太の“大モデルチェンジ”
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
史上7人目の300犠打に「8」も…今季は犠打が1度もなし

 ソフトバンクの今宮健太は、ゴールデングラブ5回のパ・リーグを代表する遊撃手。昨年までは、「つなぐ打者」であり、犠打を量産していたが、今季はまだ犠打は「0」だ。

○NPBの通算犠打ランキング ※は現役

1 川相昌弘 533犠打(1984-2006)
2 平野謙 451犠打(1981-1996)
3 宮本慎也 408犠打(1995-2013)
4 伊東勤 305犠打(1982-2003)
5 田中浩康 302犠打(2005-2018)
6 新井宏昌 300犠打(1975-1992)
7 細川亨 294犠打(2002-2018)※
8 金子誠 292犠打(1995-2014)
8 今宮健太 292犠打(2011-2019)※

 現役ではロッテの細川亨が上にいるが、今季出場なし。今宮は2013、14、15、17年にリーグ最多犠打を記録。50犠打以上を3回記録するなど、ハイペースで量産しており、今季中にも4位の伊東勤を抜いて史上4位になるのは確実と思われた。

 しかし、今季は犠打は一度も記録していない。今年は役割がガラッと変わっったのだ。

○2017、18、19年の今宮の打順別出場試合と犠打

【2017年】
1番 19試合 2犠打
2番 117試合 50犠打

【2018年】
1番 9試合 2犠打
2番 48試合 16犠打
7番 4試合 1犠打
8番 12試合 1犠打
9番 13試合 2犠打


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。