【MLB】大谷翔平、試合決める2号2ランに指揮官絶賛 「後退する時もあるが彼は2歩前進する」

【MLB】大谷翔平、試合決める2号2ランに指揮官絶賛 「後退する時もあるが彼は2歩前進する」
第3打席に今季2号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:Getty Images】
本拠地でのホームランは復帰後初。昨年9月26日(同27日)のレンジャーズ戦以来、234日ぶり

エンゼルス 6-3 ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスは18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦を6-3で勝利した。トラウトの通算250号ソロで先制すると6回には大谷翔平の復帰後、本拠地初アーチとなる2号2ランなどで着実に追加点を挙げた。試合後、ブラッド・オースマス監督は「彼は2歩前進する」と称賛した。

 大谷は2点リードの6回1死一塁で迎えた第3打席。先発右腕ジュニスの初球の91マイル(約146キロ)の直球を捉え右翼席へ大きな弧を描く2号2ラン。試合を決定づける一発にオースマス監督も納得した様子。復帰から10試合を経過した大谷に「(打撃の状態が)後退する時もあるが、そこから彼は2歩前進する。そして今日、彼はホームランを打った」と賛辞を送った。

 本拠地でのホームランは復帰後初。昨年9月26日(同27日)のレンジャーズ戦以来、234日ぶり。さらに11日(同12日)のオリオールズ戦から6試合連続安打中と着実に状態を上げている。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。