西武山川、両リーグ最速20号&66発ペースで大記録は生まれるか? 過去の大打者と比較

西武山川、両リーグ最速20号&66発ペースで大記録は生まれるか? 過去の大打者と比較
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武山川は21日のソフトバンク戦で両リーグ最速の20号を放つ

 西武の山川穂高内野手は、出身地である沖縄県の那覇セルラースタジアム那覇で行われた21日ソフトバンク戦の7回に勝利を決定的にする今季20号本塁打を打った。

 20本塁打は両リーグ通じて断トツの1位、月間でもリーグ1位の9本塁打となった。西武はあと5月、7試合を残している。月間本塁打の記録を見ていこう。

NPBの月間本塁打記録5傑

18本 W.バレンティン(ヤクルト) 2013年8月/26試合
16本 門田博光(南海) 1981年7月/21試合
16本 江藤智(広島) 1994年8月/26試合
16本 阿部慎之助(巨人) 2004年4月/23試合
16本 筒香嘉智(DeNA) 2016年7月/24試合

 かなり高いハードルではあることが分かる。絶好調な山川は残り試合でどこまで迫ることができるだろうか。5月22日の時点で、西武は今季43試合を消化。残り試合はちょうど100試合だが、このペースで打てば、最終的には66本に達することになる。

シーズン本塁打1位はバレンティンの60本、2位は55本で王貞治らが並ぶ

NPBシーズン本塁打記録 50本以上

1 W.バレンティン(ヤ) 2013年60本
2 王貞治(巨) 1964年55本
2 T.ローズ(近) 2001年55本
2 A.カブレラ(西) 2002年55本
5 R.バース(神) 1985年54本
6 野村克也(南) 1963年52本
6 落合博満(ロ) 1985年52本
8 小鶴誠(松竹) 1950年51本
8 王貞治(巨) 1973年51本
8 T.ローズ(近) 2003年51本
11 王貞治(巨) 1977年50本
11 落合博満(ロ) 1986年50本
11 松井秀喜(巨) 2002年50本
11 A.カブレラ(西) 2003年50本


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。