【MLB】イチロー氏“支持”は「間抜けですか?」 米でまた真の「ヒットキング」論争

【MLB】イチロー氏“支持”は「間抜けですか?」 米でまた真の「ヒットキング」論争
マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターに就任したイチロー氏【写真:Getty Images】
米ヤフースポーツで記者が議論「イチローだと言っておきたい」

 イチロー氏とピート・ローズ氏。世界一の「ヒットキング」はどちらなのか。米国では散々、議論されてきたテーマだ。イチロー氏が日米通算で世界一の4367安打(NPB通算1278安打、MLB通算3089安打)を積み重ねた一方、ローズ氏はMLB通算4256安打をマーク。当然、日本での安打数をどう捉えるかで結論は変わってくる。

 米ヤフースポーツはこのたび、公式ツイッターでハンナ・キーザー、クリス・クウィック、ティム・ブラウンという3人の記者がこのテーマについて議論する動画を公開。その中で、2人がイチロー氏を“支持”している。

 まずは、キーザー記者が「二人ともローズがヒットキングだと考えているのですよね?」と投げかけると、クウィック記者はすぐさま否定。「MLBでの成績を見てみると、それは否定し難いですね。けれど……ピート・ローズは過去に“色々”ありましたからね。それもあってか、僕としては(回答は)イチローだと言っておきたいと思います」。安打数はローズ氏が上だが、イチロー氏が「ヒットキング」だと主張。MLBから追放されているローズ氏ではなく、クリーンなイチロー氏を推したいというのだ。

 すると、ブラウン記者はこの見解に否定的な意見を明かす。「ローズの過去が彼の積み上げた安打数に影響を与えてしまっていると君たちが考えていることに、私は完全にがっかりですよ」。つまり、重要なのは安打数で、人間性や過去の“過ち”などは、「ヒットキング」論争には関係ないというのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。