【MLB】田中将大、今度は164キロ打球が胸直撃も好投 指揮官「あれで彼に火がついた」

【MLB】田中将大、今度は164キロ打球が胸直撃も好投 指揮官「あれで彼に火がついた」
敵地オリオールズ戦で先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
2試合連続で打球直撃も6回1失点、本人は「運が悪いなとも思うんですけど…」

ヤンキース 6-5 オリオールズ(日本時間24日・ボルチモア)

 ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、敵地オリオールズ戦に先発し、6回5安打1失点5奪三振1四球と好投した。救援陣が打たれて今季4勝目はならなかったものの、ヤンキースは9回に決勝点を挙げて6-5で勝利。田中は2回に2試合連続で打球が直撃するアクシデントがあったが、抜群の反射神経でダメージを最小限に食い止め、続投した。試合後、アーロン・ブーン監督も「彼の目を見ると、投げたいという思いがあった」と振り返っている。

 田中は6回3安打無失点と好投した18日(同19日)の前回登板レイズ戦で、最後の打者の111.3マイル(約179.1キロ)の痛烈な打球が右すねに直撃。状態が心配されたものの、中4日で無事にマウンドに上がった。しかし、またしてもアクシデントに見舞われた。

 2回、1死一塁でルイーズのライナーが左胸付近に直撃。田中は三塁方向に跳ね返ったボールを拾い、一塁に投げるも、珍しく悪送球となって無死二、三塁とピンチが広がった。今回の打球速度も102マイル(約164キロ)と強烈。しかし、投球練習で状態を確認した後に続投すると、その後、満塁の大ピンチを背負いながらマーティンのニゴロの間の1点のみに食い止めた。

 この日の失点はこの1点のみに抑え、95球を投げてストライクは70球とストライク率73.7%の好投で6回1失点。救援陣が打たれて自身の勝ち星は消えたが、5連勝に大きく貢献した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月24日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。