ヤクルト泥沼9連敗 打線繋がらず5安打完敗 中日はドラ3勝野が初勝利

ヤクルト泥沼9連敗 打線繋がらず5安打完敗 中日はドラ3勝野が初勝利
ヤクルト・小川監督【写真:荒川祐史】
中日は高橋が3打席連続適時打、大島が4安打2打点

■中日 6-1 ヤクルト(24日・神宮)

 ヤクルトが泥沼の9連敗を喫した。24日、本拠地・神宮球場で行われた中日戦。連敗ストッパーを託されたエースの小川が6回3失点でリードを奪われると、打線はバレンティンのソロの1点のみ。中日のドラフト3位ルーキー勝野にプロ初勝利を献上した。

 小川は3回、ビシエドと高橋に連続適時打を許し、2点を先制された。5回には村上のエラーで福田に出塁を許すと、大島の犠打を今度は小川がファンブル。高橋に中前適時打を許して追加点を奪われた、7回にも代わった五十嵐が高橋に適時打を許してリードを広げられた。

 打線は中日先発の勝野の前に散発の3安打。7回にバレンティンが11号ソロを放ったが、この1点しか奪えなかった。ここ5試合は最多でも2点しか奪えておらず、打線がこの日も5安打と繋がらず。8回にも中尾が追加点を奪われ、万事休した。

 中日はプロ2試合目の先発となったドラフト3位の勝野が初勝利。7回途中まで投げて3安打1失点、8個の三振を奪う好投で嬉しい初白星をマークした。打っては、好調の高橋が第2打席から3打席連続適時打を放つなど3安打3打点、大島も4安打2打点と活躍した。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月24日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。