菊池雄星と大谷翔平との“花巻東対決”実現へ 31日エンゼルス戦

記事まとめ

  • 菊池雄星投手の次回登板が5月30日のエンゼルス戦となることが明らかになった。
  • 菊池は、疲労軽減策による1イニング限定の“ショートスタート”を先伸ばし、30日は、通常の先発登板の予定。
  • 両者の体調に問題がなければ、花巻東校出身の二人の対決が実現する可能性は高い。

【MLB】菊池雄星、次回登板は31日エンゼルス戦 大谷翔平との“花巻東対決”実現へ

【MLB】菊池雄星、次回登板は31日エンゼルス戦 大谷翔平との“花巻東対決”実現へ
マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
マリナーズのサービス監督が次回登板を明言、通常通りの先発登板に

 マリナーズの菊池雄星投手とエンゼルス大谷翔平投手のメジャー初対戦が実現する見通しとなった。マリナーズのスコット・サービス監督は26日、敵地アスレチックス戦前に、菊池の次回登板が5月30日(日本時間31日)のエンゼルス戦となることを明らかにした。

 同監督は「現時点でだが、彼は通常の先発登板をする予定だ」と話し、疲労軽減策による1イニング限定の“ショートスタート”を先伸ばしにするようだ。菊池は4月26日のレンジャーズ戦で自身初のショートスタートを経験。球団の方針で月に1度の予定とされているが、大谷との初対決が見込まれる30日(日本時間31日)は、通常の先発登板の予定となった。 

 菊池は前日25日(同26日)の登板で10安打5失点。ショートスタートを除き今季最短の4回途中での降板となったが、サービスは「球数を多く投げさせ左投手を苦しめる右の好打者がアスレチックス打線には揃っている。彼は春から適応してきた。昨日が初めての苦戦ではなかった。ユウセイについて気掛かりなことはなにもない。彼は学び続けている」と今後への懸念はないとする。

 大谷はここまで休養のため2試合に欠場しているが、いずれも左投手が先発する同一カードの最終戦。菊池と大谷の体調に問題がなければ、30日に花巻東校出身の二人の対決が実現する可能性は高い。菊池は感慨を込めて言う。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月27日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。