【MLB】どうした? 大谷翔平、本拠地8戦で打率.142 約2週間で.321→.226に急降下

【MLB】どうした? 大谷翔平、本拠地8戦で打率.142 約2週間で.321→.226に急降下
本拠地でのレンジャーズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
27日のレンジャーズ戦は3打数0安打1打点、連続出塁は11試合で止まる

エンゼルス 7-6 レンジャーズ(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「3番・DH」で3試合連続でスタメン出場したが、3打数0安打1打点だった。7回に逆転勝利に繋がる同点犠飛を放ったものの、ノーヒットに終わり、連続試合出塁は11試合でストップした。

 初回の第1打席は止めたバットにボールが当たり投ゴロに倒れた大谷。第2打席も右腕フラードの低めの変化球を当てただけの中飛に。第3打席は痛烈なゴロだったが一ゴロに終わった。7回の第4打席こそ中犠飛で6試合ぶりの打点をマークしたが、これも低めの変化球を当てに行ってのフライだった。この犠飛で同点となり、その後エンゼルスは逆転に成功して2連勝を飾った。だが、大谷からは3打数無安打1打点と快音を聞かれず。精彩を欠く内容が続いている。

 右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を昨オフに受け、5月7日(同8日)の敵地タイガース戦で復帰した大谷。マイナーでの実戦には出場せず、実戦形式の打撃練習(ライブBP)だけを経てのメジャー復帰だった。

 復帰後3試合目の9日(同10日)には復帰後初安打を含む2安打を放つと、13日(同14日)のツインズ戦で復帰後初本塁打もマーク。3試合連続でマルチ安打を放つなど、一時は打率.321まで急上昇していた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月27日の野球記事
「【MLB】どうした? 大谷翔平、本拠地8戦で打率.142 約2週間で.321→.226に急降下」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    虻蜂取らず

    0
  • 匿名さん 通報

    目障りになる前に帰ってこい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。