2000安打を目前に引退した男たち… 谷、井端ら名選手たちの引き際

2000安打を目前に引退した男たち… 谷、井端ら名選手たちの引き際
現在は侍ジャパンのコーチを務める井端弘和氏(左)【写真:Getty Images】
1978年に「日本プロ野球名球会」が誕生、2000安打、200勝が入会基準に

 2000本安打が打者の大きな勲章になったのは、1978年7月に「日本プロ野球名球会」が誕生し、その入会基準に200勝とともに2000本安打が制定されてからだ。

「名球会」が創設された時点で、入会基準を満たしていた打者は以下の10人だった。達成日順。

山内一弘(阪神) 1967年10年月14日
榎本喜八(東京) 1968年7年月21日
野村克也(南海) 1970年10年月18日
長嶋茂雄(巨人) 1971年5年月25日
広瀬叔功(南海) 1972年7年月1日
張本勲(東映) 1972年8年月19日
王貞治(巨人) 1974年8年月4日
江藤慎一(太平洋) 1975年9年月6日
土井正博(クラウン) 1977年7年月5日
高木守道(中日) 1978年4年月5日

 このうち榎本喜八は入会せず。野村克也以降の選手のうち長嶋茂雄を除く選手がまだ現役。また、1956年5年月31日に日本最初の2000本安打を達成した川上哲治(巨人)は、大正生まれだったために「昭和生まれ」という基準から外れ、名球会には入っていない。

 この時点で1900本代の安打で引退していた選手が3人いる。()は実働。

飯田徳治 1978安打(1947-1963)
毒島章一 1977安打(1954-1971)
小玉明利 1963安打(1954-1969)

 飯田徳治は南海の主力打者、野村克也の台頭と入れ違いで国鉄に移籍し、投の金田正一とともにスワローズの看板となったが、1963年に引退。2000本まであと22本だった、少し頑張っていれば、川上哲治に次ぐ2人目の2000本安打は飯田のはずだった(大正生まれのため名球会には入らない)。「仏の徳さん」と言われる無欲恬淡とした性格でもあり、大台にはこだわらなかった。打点王2回、盗塁王1回、MVPも受賞し、殿堂入りしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月29日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら