阿部慎之助が400本塁打 巨人ではON以来、史上19人目の大記録

記事まとめ

  • 巨人の阿部慎之助が1日の中日戦で通算400本塁打を記録し、史上19人目の大記録を達成した。
  • 捕手として1000試合以上出場した選手では、野村克也に次ぐ2人目の400号本塁打となった。
  • 阿部は現監督の原辰徳を抜いて、ON以降では最多本塁打を記録している。

巨人ではON以来、400本塁打の阿部 史上19人目の大記録を達成した最強捕手

巨人ではON以来、400本塁打の阿部 史上19人目の大記録を達成した最強捕手
巨人・阿部慎之助【写真:Getty Images】
1日の中日戦で通算400本塁打を達成した巨人の阿部

 巨人の阿部慎之助が6月1日の中日戦で通算400本塁打を記録した。開幕時点であと1本に迫っていたから時間の問題ではあったが、史上19人目の大記録だ。

 阿部は2001年中央大学からドラフト1位(逆指名)で巨人に入団。ずば抜けた打力を買われ、1年目から正捕手になる。これは伝統ある巨人では極めて異例。以後、打っては4番打者、守っては不動の正捕手として21世紀の巨人を牽引してきた。

 2012年には首位打者、打点王の2冠、MVPに輝いた。本塁打のタイトルはないが、30本塁打以上を4回記録。2000年には44本塁打。これは捕手としては、1963年の野村克也(南海52本)、1974年の田淵幸一(阪神45本)に次ぎ、1962年の野村克也(南海44本)とならぶ史上3位タイの記録だ。

400本塁打以上の顔ぶれ ()は実働期間。■は捕手としての出場試合数

1王貞治 868(1959-1980)
2野村克也 657(1954-1980) ■2921
3門田博光 567(1970-1992)
4山本浩二 536(1969-1986)
5清原和博 525(1986-2008)
6落合博満 510(1979-1998)
7張本勲 504(1959-1981)
7衣笠祥雄 504(1965-1987) ■19
9大杉勝男 486(1965-1983)
10金本知憲 476(1992-2012)
11田淵幸一 474(1969-1984) ■944
12土井正博 465(1962-1981)
13ローズ 464(1996-2009)
14長嶋茂雄 444(1958-1974)
15秋山幸二 437(1981-2002)
16小久保裕紀 413(1994-2012)
17中村紀洋 404(1992-2014)
18山崎武司 403(1989-2013) ■8
19阿部慎之助 400(2001-2019) ■1666


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月2日の野球記事
「巨人ではON以来、400本塁打の阿部 史上19人目の大記録を達成した最強捕手」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    これで一つ勲章が取れたから肩叩きだろうな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ホームラン」のニュース

次に読みたい関連記事「ホームラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岡本和真」のニュース

次に読みたい関連記事「岡本和真」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。