ホークス和田、2年ぶり先発で5回2失点 「チームが勝ったことが率直にうれしい」

ホークス和田、2年ぶり先発で5回2失点 「チームが勝ったことが率直にうれしい」
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
松田と内川の気遣いに「1軍ってやっぱりいいな」

■ソフトバンク 5-2 中日(交流戦・5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの和田毅投手が5日、本拠地での中日戦で2年ぶりの公式戦のマウンドに上がった。5回78球を投げて2失点。同点のままマウンドを降りて自身に勝敗はつかなかったが、試合後はチームの勝利にホッとした表情を浮かべていた。

「やっぱり素直にうれしかったです」。2シーズン振りに先発のマウンドに戻った和田は、その時の気持ちをストレートに表現した。その一方で「力みはありましたね。ダメですね、あんなピッチングをしてちゃ。抑えたいという気持ちを出してしまったというか、抑えたいのが1、2回に出てしまいました」と反省の言葉も口にした。

 3回からはプレートの立ち位置を一塁側から三塁側に変更。「力みがあったので、三塁側の方がいいかなと思って。その方がツーシームを有効に使える気がしました。試合中に変えることは何度かありますが、ボールがいかないからという理由で変えるのはあまりないですね」と和田。

「初回に力んでしまった分、2軍とは違う疲労感はありましたし、6イニング行こうと思えばいけたんですが、ボールが弱くなっているのは感じていました」と、78球での降板にも納得している。

 この日は、何度となく内川聖一と松田宣浩がマウンドに行って和田に声をかけた。その2人は和田が1点を失った直後に同点弾、勝ち越し弾を打って援護もしてくれた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月5日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。