どうなる球宴ファン投票? 現時点で最多は阪神、唯一の“圏内”ゼロは中日

どうなる球宴ファン投票? 現時点で最多は阪神、唯一の“圏内”ゼロは中日
6月7日現在ファン投票選出圏内にいる阪神・近本、梅野、大山、西、ジョンソン(左から)【写真:荒川祐史】
阪神に続くのは西武とソフトバンクの3選手ずつ

 日本野球機構(NPB)は現在「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票結果の中間発表を平日毎日、行なっている。5月24日に始まったファン投票は6月16日まで受け付けており、最終結果発表は6月24日に予定されている。

 7日に発表された中間発表ではセ・リーグ先発投手部門で阪神の西勇輝投手が、パ・リーグ先発投手部門ではソフトバンクの千賀滉大投手がトップに立ち、12球団最多得票は西武の山川穂高内野手で、23万7678票を集めている。

 先発、中継ぎ、抑えの投手3部門に加え、捕手、一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手、そして外野手の上位3選手の11選手、パ・リーグはこれにDHを含めて12選手が選出されるファン投票。現時点で人気を集めているのは、どこの球団だろうか。

 セ・リーグで最も多いのは阪神だ。先発の西に加え、中継ぎのピアース・ジョンソン、捕手の梅野隆太郎、三塁の大山悠輔、外野手2位の近本光司と5選手が“圏内”にいる。

 阪神に続くのは、巨人とDeNA。巨人は一塁手で岡本和真、遊撃手で坂本勇人がトップに立ち、DeNAは抑えの山崎康晃、外野手3位の筒香嘉智がランクインしている。セ・リーグ首位の広島は外野手1位の鈴木誠也の1人だけ。ヤクルトは二塁手で山田哲人がトップに立っている。

 パ・リーグは西武とソフトバンクの3選手が最多。西武は最多得票の山川に加え、捕手の森友哉、外野手1位の秋山翔吾がトップに立つ。ソフトバンクは先発の千賀のほか、遊撃手の今宮健太、怪我で離脱中ながら、外野手3位に入る柳田悠岐が“圏内”に入っている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月8日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。