大谷翔平の前田健太撃ち 名物実況が忘れず「ビッグフライ!」絶叫

記事まとめ

  • エンゼルスの大谷翔平投手は、340日ぶりに対戦した前田健太投手から初回第1打席で先制7号ソロを放った。
  • 地元テレビ局の名物実況ビクター・ロハス氏は、名台詞「ビッグフライ、オオタニサン!」を絶叫。
  • 同氏は菊池が先発したマリナーズ戦では、大谷が放った6号ソロに名台詞を言い忘れており、「これからはちゃんと言うようにするよ」と語っていた。

【MLB】大谷翔平、今度は“前田撃ち” 名物実況、今回は名台詞忘れず「ビッグフライ!」

【MLB】大谷翔平、今度は“前田撃ち” 名物実況、今回は名台詞忘れず「ビッグフライ!」
初回にドジャース・前田健太から7号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
菊池からの3者連続弾では言い忘れの“ミス”、「ちゃんと言うようにする」と誓っていたが…

エンゼルスドジャース(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ドジャース戦に「3番・DH」で2試合ぶりに先発出場し、前田健太投手と340日ぶりに対戦。初回の第1打席で先制7号ソロを放った。8日(同9日)のマリナーズ戦で大谷がラステラ、トラウトに続く3者連発の6号ソロを菊池雄星投手から放った際、興奮のあまりに名台詞を言い忘れてしまった地元テレビ局の名物実況ビクター・ロハス氏は、今回は「ビッグフライ、オオタニサン!」を華麗に絶叫。またしても飛び出した日本人投手撃ちの一発を大いに盛り上げた。

 ロサンゼルスで試合を中継している地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」も注目した日本人対決。中継ブースにも“リベンジ”を期す男がいた。

 それは実況のロハス氏だ。「ショウヘイ・オオタニがケンタ・マエダと対峙します」。初回2死の場面で、大谷の出番を引き締まった声で伝えた。二画面に分けて、大谷と前田の表情を伝えるなど、同局でも対決に注目。そして、フルカウントでエンゼルスファン待望の瞬間がやってきた。

 大谷が甘いスライダーを完璧に捉える。するとロハス氏は「変化球を思い切り叩いた。ライト方向だ。ベリンジャー、見送るしかない。ビッグフライ、オオタニサン!」と絶叫した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。