【MLB】大谷翔平「ヒット打ちたい気持ちあった」日本人初のサイクル安打達成

【MLB】大谷翔平「ヒット打ちたい気持ちあった」日本人初のサイクル安打達成
日本人初のサイクル安打を達成したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
初回に決勝の弾丸3ラン→二塁打→三塁打→単打で快挙達成

エンゼルス 5-3 レイズ(日本時間14日・タンパ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地レイズ戦で日本人メジャーリーガーとして初となるサイクル安打を達成した。「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。初回にいきなり先制の3ラン本塁打を放つと、第2打席で左中間を破る二塁打、第3打席でも三塁打を放って王手をかけ、7回の第4打席に中前安打。エンゼルス史上7人目(8度目)となる偉業を成し遂げ、試合後のテレビインタビューでは「ヒットを打ちたい気持ちはあった」と振り返った。

 初回無死一、二塁のチャンスで第1打席に立った大谷。1ボール1ストライクからの3球目、ヤーブロウの投じたボールを捉えると、打球は弾丸ライナーで左中間スタンドへと突き刺さる先制の8号3ランに。打球角度19度という驚愕の弾丸ライナー弾がいきなり飛び出した。

 3回の先頭打者で迎えた第2打席では左中間を真っ二つに破る二塁打。さらに、5回の第3打席ではフルカウントから右翼線への三塁打。第1打席から本塁打、二塁打、三塁打と次々に快音を響かせ、単打を残してサイクル安打に王手をかけた。

 快挙達成の瞬間は、7回2死一塁に訪れた。第4打席に立った大谷は3ボール2ストライクから2球ファウルで粘り、8球目を捉えた。内野手が大幅に一塁側に寄る“シフト”の中で、遊撃手の頭上を超える中前安打を放ち、サイクル安打を達成した。エンゼルスでのサイクル安打達成は、2013年5月21日のマリナーズ戦で達成したマイク・トラウト外野手に続き、史上7人目(8度目)の快挙になった。

 試合後、テレビインタビューに応じた大谷は「ありがとうございます。ゲームの途中だったので、すぐに切り替えていきましたけど、ベンチに戻ってみんな喜んでくれて良かったなと思います。(サイクルは)ないと思いますね。本塁打もそう打ってきていないので。ヒット打ちたい気持ちはありましたけど、ストライクボールの判断はできていたので、そこはよかった。どの球がきても、対応できる準備できている。どの球でもヒットゾーンに持っていける準備はできているのかなと思います」とコメントしていた。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。