【MLB】ダルビッシュ、591日ぶりLA凱旋登板へ 地元紙期待「自信を取り戻している」

【MLB】ダルビッシュ、591日ぶりLA凱旋登板へ 地元紙期待「自信を取り戻している」
カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
16日ドジャース戦で17年ワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりにLA登板に臨む

■ドジャース – カブス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地・ドジャース戦で先発する。同球場では17年11月1日(同2日)のアストロズとのワールドシリーズ第7戦で2回途中5失点を喫して以来の登板。地元紙「シカゴ・トリビューン」は「ダルビッシュは自信を取り戻している。彼はドジャースタジアムの懐疑的な人たちを揺さぶる準備ができているか?」と591日ぶりのLA凱旋登板を注目している。

 ドジャースは激闘となった17年ワールドシリーズで3勝4敗。あと一歩のところで88年以来29年ぶりの世界一を逃した。ダルビッシュはその投球から15日に591日ぶりにLA凱旋登板する。カブス地元紙は「ダルビッシュは2017年ワールドシリーズの大失敗後、土曜日の夜に初めてドジャースタジアムで登板するが、どのような反応が待ち構えているのかはっきりとわかっていない」と言及。続けて「ダルビッシュはドジャースの打線が強力だと分かっているが、12か月前にドジャースタジアムに訪れた時にはなかった自信を手にしている」と右腕の相次ぐ故障に苦しんだ昨季から復調していることを伝えている。

 今季2勝目を挙げた4月27日のダイヤモンドバックス戦を最後に8試合連続で勝敗はついていないが、シーズン序盤で課題となっていた制球難を克服。同紙も「ダルビッシュは5月9日の試合を最後に、1試合で3つよりも多くの四球を与えていない。スライダーとカットボールが良く、直球の制球も向上し、月曜日のロッキーズ戦では83球中63球がストライクだった。こうしたことが、ダルビッシュがカブスと契約直後に『10月に会いましょう』とデーブ・ロバーツ監督にメールした時のような自信につながっている」と伝えている。

 さらに、同紙はダルビッシュが18年2月のカブス入団会見で「ワールドシリーズに進出したいなら、ドジャースと対戦しなければならない」と語ったことを紹介。マドン監督が「身体的に彼は素晴らしい状態だ。直近の登板では、直球の制球が今まで見た中で最高だった。彼の球は良い。彼は良い状態だ」と期待を寄せていることを紹介している。

 591日ぶりのロサンゼルス凱旋登板。復活へ4月27日のダイヤモンドバックス戦以来49日ぶりの勝ち星をつかみたいところだ。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月16日の野球記事
「【MLB】ダルビッシュ、591日ぶりLA凱旋登板へ 地元紙期待「自信を取り戻している」」の みんなの反応 1
  • ⚾️ 通報

    犯行現場に戻る…か。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。