大差で負けていても…日ハム杉谷のダイビングキャッチに札幌ドーム大興奮

大差で負けていても…日ハム杉谷のダイビングキャッチに札幌ドーム大興奮
日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】
1-8で迎えた8回2死一塁で丸の右中間への打球を飛び込んでキャッチ

■巨人 8-5 日本ハム(交流戦・15日・札幌ドーム)

 日本ハムの杉谷拳士内野手が15日の巨人戦(札幌ドーム)で決死のダイビングキャッチを見せた。

 1-8で迎えた8回2死一塁。中堅・杉谷は丸の右中間へ伸びていく打球へ猛チャージ。最後は飛び込んで好捕した。抜ければ長打。さらに失点は広がるところだった。会心の好守となったが、大差で負けているとあってか、顔色一つ変えずにベンチへ戻った。

 札幌ドームへ詰めかけたファンは大盛り上がりのビッグプレーは白星にはつながらなかった。それでも、2回途中から代走として出場し、三塁、中堅と複数ポジションをこなした28歳の、レギュラー奪取へ燃える思いがにじむワンプレーだった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。