巨人阿部、ホークス内川、阪神鳥谷、ロッテ福浦…現役2000安打達成者の今

巨人阿部、ホークス内川、阪神鳥谷、ロッテ福浦…現役2000安打達成者の今
左から巨人・阿部慎之助、ソフトバンク・内川聖一、ロッテ・福浦和也、阪神・鳥谷敬【写真:Getty Images、荒川祐史】
現役で2000安打達成者は4人のみ、巨人阿部は重要な戦力として活躍中

 打者にとって2000本安打=名球会入りは、野球人生をかけた目標だろう。現役では4人がこの大台をクリアしている。すでに大打者の称号を得た4人の選手の「現在」を見ていこう。数字は6月17日現在。

阿部慎之助(巨人)2099安打

 巨人の捕手で2000本安打を達成したのも、打撃タイトル(首位打者、打点王)、打率3割を記録したのも阿部慎之助だけだ。昨年は内野手登録だったが、今季は捕手登録に復帰。まだマスクは被っていないが、打者としては大きな存在感がある。打撃成績は3割を超え、本塁打も3本。6月1日には史上19人目の400本塁打。代打でも4月6日から二塁打、安打、二塁打、四球、安打と出場5試合連続出塁するなど、無類の勝負強さを発揮している。交流戦に入ってからは指名打者として打線の重しになっている。3月20日に40歳になったが、重要な戦力だ。

内川聖一(ソフトバンク)2096安打

 2000本安打到達者としては36歳と若く、唯一規定打席に到達しているが、今季打率は.250に届かない。昨年5月に大台を突破したが、その前後の負傷や不振もあって昨年は71試合の出場にとどまった。今季は柳田悠岐中村晃の戦線離脱もあり、中軸を打つことが多いが、今一つ調子に乗れていない。右打者としては屈指のアベレージヒッターだが、2016年には.310だった通算打率は、今季は.305にまで落ちた。本来の力を発揮できれば、チームとしても大きい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら