【MLB】カブスがリーグV2ドジャースを倒すには? 「ダルビッシュの投球が希望の光」

【MLB】カブスがリーグV2ドジャースを倒すには? 「ダルビッシュの投球が希望の光」
ドジャースタジアムのマウンドに立ったカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュは17年ワールドシリーズ第7戦以来のLA登板で7回10K2安打1失点と躍動

■カブス 2-1 ドジャース(日本時間16日・ロサンゼルス)

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地ドジャース戦で先発。17年11月1日(同2日)のワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりのロサンゼルス登板は7回10奪三振2安打1失点と快投を演じた。1点ビハインドの場面で降板したが、9回にリゾが逆転19号2ラン。チームは逆転勝ちし、右腕は9試合連続で勝敗付かずの球団記録。防御率は4.65となった。米スポーツ局「ESPN」は「カブスは本当に強豪ドジャースと争うことができるか?」との記事を掲載。チーム躍進の鍵を握るのはダルビッシュだと言及している。

 本来の投球が戻ってきた。4回先頭でベルドゥーゴに先制ソロを浴びたが、同2死三塁を脱するとピンチらしいピンチも作らせなかった。7回109球(ストライク68球)を投げ、今季2度目の2桁10奪三振、1四球、2安打1失点。3試合ぶり今季4度目のクオリティ・スタートを達成し、日本人最多を更新する大リーグ通算36度目の2桁三振を奪った。

 チームは16年にワールドシリーズを制覇したが、17年はリーグ優勝決定シリーズ、18年はシーズン終盤に失速してワイルドカードゲームで涙した。チームはここまでナ・リーグ中地区2位に付けているが、悲願のWS制覇へはリーグ2連覇中で今季もナ・リーグ西地区を独走するドジャースを破らなければならない。同局は記事で「今のドジャースには、どの投手に対してもダメージを与えられる左打者たちがいる。カブスの打線が良くないと言っているわけではないが、ドジャースと同じレベルではない。カブスは良いチームだが、ドジャースは素晴らしいチームである」と指摘している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。