エンゼルス大谷翔平が4試合ぶり9号3ラン! 打球速度161キロの豪快弾は左翼席へ

記事まとめ

  • 17日、ブルージェイズ戦に「3番・DH」で6試合連続スタメン出場したエンゼルスの大谷翔平投手が、第2打席で4試合ぶりとなる9号3ランを放った。
  • スライダーを捉えた豪快弾は打球速度100マイル、飛距離は375フィートを記録した。
  • 9号ホームランは13日のレイズ戦で日本人初のサイクル安打を記録して以来、4試合ぶりの一発となった。

【MLB】大谷翔平、第2打席で4試合ぶり9号3ラン! 鮮やか逆方向へ打球速度161キロの豪快弾

【MLB】大谷翔平、第2打席で4試合ぶり9号3ラン! 鮮やか逆方向へ打球速度161キロの豪快弾
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
14日のレイズ戦以来となる4試合ぶりの一発は豪快9号ホームラン

■ブルージェイズ – エンゼルス(日本時間18日・トロント)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地でのブルージェイズ戦に「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場。第2打席で4試合ぶりとなる9号3ランを放った。打球速度は100マイル(約161キロ)を記録した。

 3点リードで迎えた2回2死二、三塁で迎えた第2打席。初球の87.1マイル(約140キロ)のスライダーを捉えた打球は左翼席へ飛び込む9号3ランとなった。逆方向への豪快弾は打球速度100マイル(約161キロ)、飛距離は375フィート(約114メートル)を記録した。

 初回の第1打席はカーブにタイミングが合わず空振り三振に倒れていた。

 この日、ブルージェイズはオープナーを採用。先発にはデレク・ローがマウンドに上がり1回無失点。2回からはMLB新記録となる14球団登板を達成している通算105勝右腕・ジャクソンが登板した。

 大谷は前日のレイズ戦では第3打席で右前打を放つなど5打数2安打を放ち、今季12度目のマルチ安打をマーク。9号ホームランは13日(同14日)のレイズ戦で日本人初のサイクル安打を記録して以来、4試合ぶりの一発となった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら