西武山川、キング独走26号ソロ 10試合ぶり一発に「打ててよかった」

2回に中日先発・阿知羅のボールを左中間スタンドに運ぶ

■中日 – 西武交流戦・18日・ナゴヤドーム)

 西武の山川穂高内野手が18日、敵地ナゴヤドームでの中日戦で10試合ぶりとなる26号ソロを放った。

 6日の広島戦(メットライフ)で2打席連発の24号、25号を放ってから9試合でノーアーチだった4番のバットから久々の快音が響いた。両チーム無得点で迎えた2回、源田の適時三塁打などで2点を先制すると、1死走者なしで山川は打席に入った。

 2ボール2ストライクから中日先発の阿知羅のボールをとらえると、打球は左中間スタンドへ。強烈な一発をお見舞いし、実に10試合ぶりの本塁打となった山川は「打ててよかったです」とコメント。久々に、スタンドとお決まりの「どすこい」ポーズで喜びを分かち合った。

 西武は、さらに6番・中村にも10号ソロが飛び出し、この回4点を奪って先発の今井を援護した。(安藤かなみ / Kanami Ando)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。