【高校野球】大阪大会の組み合わせ決定 3連覇を目指す大阪桐蔭「ひとつひとつ勝つしか」

【高校野球】大阪大会の組み合わせ決定 3連覇を目指す大阪桐蔭「ひとつひとつ勝つしか」
大阪桐蔭の主将を務める中野波来【写真:沢井史】
大阪桐蔭は15日に初戦、春夏連続甲子園出場を目指す履正社は14日に登場

 第101回全国高等学校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会が21日に大阪市内で開催され、174校の3回戦までの対戦カードが決まった。

 昨年、春夏連覇を果たした大阪桐蔭は2回戦からの登場になり、15日に花園セントラル球場で東淀川との対戦が決まった。中野波来(はる)主将(3年)は早々にクジを引いて日程は決まったものの、なかなか対戦相手が決まらず。それでも中野主将は「不安というよりワクワク感しかなかったです」とリラックスしながら抽選の状況を見つめていた。昨年は春夏連覇を果たし、17年からの3年連続の夏の甲子園出場に期待が高まるが「連覇というより、自分たちはひとつひとつ勝つしかありません」と表情を引き締めた。

 チームは5月から招待試合など遠征が続いているが、完敗する試合もあり課題は多い。昨年からレギュラーが大きく入れ替わり経験値の浅さは否めないが、それでもチームで一丸になり5月下旬からの強化練習に向き合っている。「技術練習というより、精神的に鍛えないといけないところがあります。今は練習では西谷先生(監督)から指示をされるより、自分たちで考えながら動くようにしています」と、自主性を高めながら夏に備えている。

 6月上旬には昨年の主将の中川卓也(早大)、一昨年の主将の福井章吾(慶大)、3年前の主将の吉沢一翔(早大)らがリーグ戦を終えてグラウンドに挨拶に来た。その際に全員を前に夏に勝つための心得を話してもらい、そのひと言ひと言に熱心に耳を傾けた。「自分や(副主将の)宮本がブレてしまったら終わり。秋、春と、このチームは負けているので、その悔しさをしっかり持って戦っていきたい」と巻き返しを誓った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。