広島、延長10回9失点の屈辱3連敗で交流戦最下位 緒方監督「そういう結果、内容」

広島、延長10回9失点の屈辱3連敗で交流戦最下位 緒方監督「そういう結果、内容」
広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
延長10回に打者一巡の猛攻を受け一挙9失点で3連敗

オリックス 9-3 広島(交流戦・23日・マツダスタジアム)

 広島は23日、マツダスタジアムで行われたオリックス戦に3-9で敗れ、同一カード3連敗となった。両チーム無得点で迎えた10回、リリーフ陣が7本の長打を打たれて一挙9点を奪われた。この日の敗戦で交流戦の最下位が決定したことを報道陣から告げられた緒方監督は「そういう結果、内容でした」と答えるしかなかった。

 先発のジョンソンが7回無失点と好投し、8回はレグナルト、9回はフランスアと勝ちパターンの投手がオリックスに得点を許さなかった。しかし、打線がオリックス先発の田嶋から6回までわずか2安打。田嶋の降板後、8回に2死一、二塁、9回は1死一、三塁と得点のチャンスを作ったが、あと一本が出なかった。

 延長に入り、10回から登板した菊池保が代打・西野の二塁打から5本の長打を打たれ降板し、さらに藤井皓も三塁打2本を打たれてこの回9失点。オリックスは1イニング4三塁打のプロ野球記録を記録した。その裏、田中広と鈴木の適時打で3点を返したが、大勢に影響はなかった。

 緒方監督は「ファンも最後まで応援してくれた中で、最後に意地を見せて反撃してくれた」と打線を気遣ったあと「この3連戦はいいゲームができなかった」と、今季の交流戦で初となった同一カード3連敗を反省した。

 今季は4月10日のヤクルト戦で延長10回に一挙12点を奪われての敗戦があったが、交流戦地元最終戦で、当時に匹敵するほど衝撃的な敗戦となった。「明日、また移動してゲームがあるので、勝って終われるように全力でやるだけです」と力なく答えた緒方監督の表情は、苦渋に満ちていた。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。