イチローは永遠の憧れ エンゼルスのミドルトン投手が初対戦を振り返る

記事まとめ

  • 米ヤフー・スポーツは、エンゼルスのキーナン・ミドルトン投手が少年時代からイチロー氏に憧れていたと語るインタビュー記事を掲載した。
  • 少年時代、野球カードのコレクターだったことを打ち明け、イチローらのカードが欲しかったと答えた。
  • 同投手は2017年にイチロー氏と対戦したことがあり、「非現実的でした」と振り返っている。

【MLB】イチローは永遠の憧れ―大谷同僚右腕が振り返る初対戦「非現実的でした」

【MLB】イチローは永遠の憧れ―大谷同僚右腕が振り返る初対戦「非現実的でした」
マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターに就任したイチロー氏【写真:Getty Images】
エンゼルス・ミドルトンは少年時代からイチロー氏のファンだった

 3月の日本開幕戦後に現役引退を表明し、マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターに就任したイチロー氏。日米通算4367安打、シーズン最多262安打などで米殿堂入りが確実視されているが、未だに多くのメジャーリーガーの憧れの存在だったことに変わりはないようだ。米ヤフー・スポーツはエンゼルスのキーナン・ミドルトン投手のインタビュー記事を掲載。大谷翔平投手の同僚右腕は少年時代からイチロー氏が憧れだったと打ち明けている。

「ミドルトンが昔の野球カードのアイドルたち相手に投げることについて語る」との見出しで掲載された記事では、ミドルトンが野球カードのコレクターだったことを打ち明けている。右腕は「誰のカードが欲しかったですか?」との問いかけに、「イチロー、ケン・グリフィー、エドガー・マルティネスらのカードです」と即答。米北西海岸に位置するオレゴン州ミルウォーキー出身だったことから、マリナーズのファンだったようだ。

 ミドルトンは13年ドラフト3巡目でエンゼルス入り。17年にメジャーデビューしたが、同年5月26日の敵地マーリンズ戦の7回2死、イチロー氏と対戦している。その時の思いをこう明かしている。

「クレイジーでした。彼が打席に立った時、非現実的でした。彼は代打で、ワイルドな状況だと思いました。彼から三振を奪わなきゃ。語るべき話にできるように、三振を奪わなきゃと思っていました。でも、彼はゴロを打ちました」

 結果は1ボール2ストライクからスライダーで二ゴロ。三振を奪うことはできなかったが、思い出に残る一投となったようだ。

 大谷ら多くの日本人選手の憧れだけでなく、異国の選手たちの憧れ――。イチローの残してきた足跡は大きい。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら