【MLB】ドジャース本拠地で打球直撃の少女、当時の状況を回顧 父親は「不運だった」

【MLB】ドジャース本拠地で打球直撃の少女、当時の状況を回顧 父親は「不運だった」
ドジャースのマンシー、ベリンジャー、ロバーツ監督(左から)【写真:AP】
ベリンジャーの打球が直撃、病院に搬送されたものの大事には至らず

■ドジャース 6-3 ロッキーズ(日本時間24日・ロサンゼルス)

 23日(日本時間24日)にドジャースタジアムで行われたドジャース-ロッキーズ戦で、ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手の放ったファウルボールが観客の少女の額に直撃するアクシデントがあった。球場は一時騒然となり、少女は病院に搬送。ドジャースは翌24日(同25日)に本拠地ドジャースタジアムの防球ネットを拡大する声明を発表した。少女は脳震盪だったものの、大事には至らなかった模様で、米メディアの取材に当時の状況を振り返っている。

 昨年8月に79歳の女性がファウルボールの直撃で亡くなる事故が発生していたドジャースタジアム。23日の試合では、ベリンジャーの痛烈なライナーが一塁側ダグアウト近くの内野席の少女を直撃。試合は中断し、球場は騒然となった。少女はダグアウト裏の保護ネットからわずかに離れた前から4列目の座席に座っており、打球直撃から15分後に病院に搬送されたという。

 地元メディア「KTLA5」は「ファンのファウルボール直撃を受け、ドジャースタジアムが安全ネット改善へ」との見出しで、このアクシデントについてレポート。打球直撃を受けた13歳の少女、ケイトリン・サラザーさんに取材している。

 記事では「ケイトリン・サラザーは1~10のスケールで、コーディ・ベリンジャーの打球直撃後の痛みは11だと語った」と言及。やはり相当な痛みだったようだ。打球の直撃を受けた直後にも意識はあり、質問には答えていたということを振り返りつつ、病院で検査を受けて脳震盪と診断されていたことを紹介。そして、本人が当時の状況を振り返っている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月25日の野球記事
「【MLB】ドジャース本拠地で打球直撃の少女、当時の状況を回顧 父親は「不運だった」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    アメリカのまともな家庭では徹底的に女性への尊敬を教え込む。小学生になったらお婆さんに席を譲るのも当たり前。安倍が性犯罪を推進する日本とは違う。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。