【MLB】17人退場、禁固30日間…11年前の大乱闘を米メディア回顧「史上最もクレイジー」

【MLB】17人退場、禁固30日間…11年前の大乱闘を米メディア回顧「史上最もクレイジー」
11年前に米マイナーで17人の退場者が出た大乱闘劇が再び話題【写真:Getty Images】
米マイナーで起きた衝撃の大乱闘劇「球界史上最もクレイジーな小競り合い」

 米マイナーリーグで17人の退場者が出た伝説の大乱闘劇が再び米メディアで取り上げられている。とんでもないアクシデントが発生したのは、ちょうど11年前の6月24日(日本時間25日)。その衝撃は今も残っている。

 米スポーツメディア「スポルティングニュース」が「このマイナーリーグでの乱闘は、依然として球界史上最もクレイジーな小競り合いとなっている」と振り返ったのは、2008年6月24日のピオリア・チーフス(カブス傘下)-デイトン・ドラゴンズ(レッズ傘下)の試合で発生した大乱闘劇。いったいどんな“事件”だったのか。

 この試合、ピオリアの選手が1回の攻撃で死球を受けると、その裏に当時20歳のフリオ・カスティーヨ投手が2人の打者に死球を当てた。すると、そのうちの一人のアンヘル・カブレラが二塁での併殺崩しを狙って激しいスライディング。カスティーヨが次の打者にも内角高めの球を投げたため、デイトンのドニー・スコット監督が抗議した。これにピオリアのカーメロ・マルティネス監督も加わり、両軍ベンチが総出となる事態に。「スポルティングニュース」によると、カスティーヨはその際にベンチに向かってボールを投げ、観客が負傷。ファンは脳震盪を負ったため、カスティーヨは「暴行罪」の有罪判決を受け、禁固30日間の判決を受けたという。報復が報復を呼び、大乱闘となった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。