【MLB】「オオタニの存在だけで…」満塁でもトラウトとの勝負は避けられず 米メディア指摘

【MLB】「オオタニの存在だけで…」満塁でもトラウトとの勝負は避けられず 米メディア指摘
エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
トラウトは通算打率4割、6本塁打101打点と満塁にめっぽう強い

 今季ここまで43試合に出場し打率.291、9本塁打31打点の成績を残しているエンゼルス大谷翔平投手。右肘のトミー・ジョン手術から復帰後、スタメン出場する際は「3番・DH」に固定され、2番を打つマイク・トラウト外野手とともに「トラウタニコンビ」を形成し、他球団の投手の脅威となっている。

 この2番トラウト、3番大谷の並びについて、米ヤフースポーツは「マイク・トラウトは満塁でバリー・ボンズの待遇を受けるべきか?」とする記事を掲載。後ろを打つ大谷の存在が、満塁という状況でも、相手投手にトラウトと勝負せざるを得ない状況にしている、と指摘している。

 記事ではまず「マイク・トラウトはMLBの投手がいかなる状況でも最も対戦したくない打者である。しかし、彼の脅威は満塁時に高まる」とし、トラウトの満塁時の成績などを紹介。19日(日本時間20日)のブルージェイズ戦でトラウトが満塁弾を打った段階で、トラウトは満塁の場面で、通算93打席で打率.420の高打率を記録し、満塁本塁打が6本、そして101打点をマークしていることを指摘している。

 そこで浮上してくるのが、かつてのバリー・ボンズのように、押し出しで1点を与えてでも、トラウトとの勝負を避けて四球を与える作戦だ。だが、記事では「あらゆることを考慮すると、ボンズの待遇を受ける可能性は本当に低い。1アウト以下、同点、1点差の状況であれば、トラウトと勝負することはギャンブルではない」とし、その理由に後ろを打つ大谷翔平の存在を挙げている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月28日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。