ロッテ鈴木、中日柳がMVP級の働き オリ新人は首位打者に…交流戦で輝いた選手たち

ロッテ鈴木、中日柳がMVP級の働き オリ新人は首位打者に…交流戦で輝いた選手たち
中日・柳裕也【写真:荒川祐史】
2年ぶりに優勝したソフトバンク松田宣が交流戦MVPに輝く

 ソフトバンクの2年ぶり8度目の優勝、そしてパ・リーグの10年連続14度目の勝ち越しで幕を閉じた2019年の「日本生命セ・パ交流戦」。今季もリーグの垣根を超えて熱戦が繰り広げられ、25日に行われた楽天対広島戦で全試合が終了した。

 交流戦MVPには、優勝したソフトバンクの松田宣浩内野手が選出された。松田宣は両リーグ通じて6位の打率.348、同2位タイの7本塁打、同3位タイの14打点と、打撃主要部門で上位に入る好成績を残し、チームのVに貢献した。また、日本生命賞にはロッテの鈴木大地内野手、中日の柳裕也投手が選ばれた。

 では、交流戦の各部門で好成績を残したのは、どういった選手だったのだろうか? 打者、投手に分けて見ていってみよう。

【打率】

1 中川圭太(オリックス).386
2 荻野貴司(ロッテ).3684
2 鈴木大地(ロッテ).3684
4 糸井嘉男(阪神).3676
5 ビシエド(中日).349

【本塁打】

1 山田哲人(ヤクルト)8本塁打
2 松田宣浩(ソフトバンク)7本塁打
2 グラシアル(ソフトバンク)7本塁打
2 ソト(DeNA)7本塁打
5 鈴木大地(ロッテ)6本塁打
5 岡本和真(巨人)6本塁打
5 福田秀平(ソフトバンク)6本塁打

【打点】

1 中村剛也西武)23打点
2 鈴木大地(ロッテ)17打点
3 松田宣浩(ソフトバンク)14打点
3 ブラッシュ(楽天)14打点
3 グラシアル(ソフトバンク)14打点
3 ロメロ(オリックス)14打点
3 山田哲人(ヤクルト)14打点
3 村上宗隆(ヤクルト)14打点


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「岡本和真」のニュース

次に読みたい関連記事「岡本和真」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホームラン」のニュース

次に読みたい関連記事「ホームラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松井裕樹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。