【MLB】加藤豪将、苦境に心境明かす「本当にストレスを…」3Aと2Aを行き来する日々に…

【MLB】加藤豪将、苦境に心境明かす「本当にストレスを…」3Aと2Aを行き来する日々に…
現在はヤンキース傘下3Aに所属する加藤豪将【写真:Getty Images】
米マイナーリーグ公式サイトが特集「往復を終わらせることを望む」

 ヤンキース傘下のマイナーで、メジャー昇格を目指してプレーを続けている加藤豪将内野手。今季は3Aスクラントンで51試合に出場し161打数41安打7本塁打20打点、打率.255の成績を残し、2Aトレントンでも8試合に出場して21打数5安打0本塁打1打点、打率.238としている。

 3Aで4月には打率.354、5本塁打13打点と好成績をマークしたが、5月に入って成績が下降。不振に苦しむと、3Aと2Aを行き来するようになり、3Aではベンチを温める試合が多くなっている。

 米マイナーリーグ公式サイトは、この加藤の現状を特集する記事を掲載。「カトウが往復を終わらせることを望む」と題して、加藤の現状や本人のコメントをレポートしている。

「カトウはレイルライダーズと2Aトレントンを行き来している」と書き出されたマイナーリーグ公式の記事。昇格と降格が繰り返される日々に加藤は「最初は本当にストレスを感じていました。ですが、次のレベルに到達するために何をしなければならないか、それが分かるくらいに長くプロをやっています」と語っている。

 2013年のドラフト2巡目でヤンキースから指名され、今季で7年目となる加藤。3Aでのプレーは今季が初めてとなり、加藤自身は記事の中で「自分のプレーに自信を持ち、全てがメジャーへの準備だと思っています。大きく成長したと感じています」と語っている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月27日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。