「超える試合ない」「一生記憶に残る」日本生命賞のロッテ鈴木が語った印象深い一戦は…

「超える試合ない」「一生記憶に残る」日本生命賞のロッテ鈴木が語った印象深い一戦は…
ロッテ・鈴木大地【写真:荒川祐史】
打率2位、安打数1位タイなど、打撃成績のほとんどで上位に入る

 ロッテの鈴木大地内野手が26日、2019年「日本生命セ・パ交流戦」の日本生命賞を受賞した。この日行われた全体練習後、ZOZOマリンスタジアムにある公式グッズストア内に新設される「鈴木ラッキー7神社」前で、その心境を語った。

 今季交流戦は打率が両リーグ通じて2位タイ(.368)、安打数1位タイ(28本)、打点2位(17打点)、長打率1位(.711)、OPS1位(1.134)と、打撃成績のほとんどで上位に入る成績を残した。この打撃成績に加え、内外野様々な守備でチームに貢献したことが今回「特に活躍が目立った選手」として評価された形だ。

 鈴木は「サヨナラを打てたりとかもあって、本当にすごいいい期間を過ごせたんだなと思います。『シーズンと変わらず1日を』という気持ちでやってきて、そういう思いがこの成績につながったんじゃないかと思っています」と好成績の要因を振り返った。

 今季の交流戦の中で最も印象に残った試合に挙げたのは、16日の中日戦。「鈴木ラッキー7神社」新設のキッカケになった、9回に打者一巡で5点差をひっくり返し、逆転サヨナラ勝ちした試合。「やっぱり、これを超えるゲームはないですし、この先どういう野球人生を送るかわからないですが、一生記憶に残る1試合だった。自分の中でもそういうインパクトというか、忘れちゃいけない1試合、1打席になったと思う」と改めて振り返った。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年6月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。