先発ローテ定着へ…西武本田の“ルーチン”とは「課題を潰してステップアップ」

先発ローテ定着へ…西武本田の“ルーチン”とは「課題を潰してステップアップ」
ロッテ戦に先発し4勝目を挙げた西武・本田圭佑【画像:(C)PLM】
ロッテ戦で8回途中7安打無失点「要所で“打線”にしなかった。」

西武 5-0 ロッテ(6日・ZOZOマリン)

 西武の本田圭佑投手が6日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、8回途中7安打無失点の粘投で4勝目をあげた。

 走者を背負っても慌てることなく自分のリズムを守り続けた。初回は2死からヒットと死球でピンチを作ったが、続く清田を外角の緩いボールでサードライナーに打ち取り窮地を脱した。その後もイニングの先頭打者をヒットで4度出塁させたが、粘って得点を許さなかった。本田は「要所で“打線”にしなかった。1個1個切れていたことが、0点に繋がった」とマリーンズ打線の繋がりを断ったことをこの日の勝因に挙げた。7回まで84球と完封ペースで投球していたが、8回は藤岡、荻野に連打を浴び、1死二、三塁としたところで降板。救援した2番手・平井が後続を断ち、その後も無失点継投でチームは完封勝利をおさめた。

 勝利のために、立ち止まることはない。6月22日の阪神戦で打ち込まれた敗戦を機に「ランナーを出してから粘れなかったことを克服したかった」と中6日の調整期間に走者を出してからの投球フォームを見つめ直した。翌週29日のオリックス戦では6回2安打無失点で勝利投手に。さらに中6日が空いたこの日のロッテ戦では、ボールが高く浮いてしまう悪癖を克服する意識を持ってマウンドに上がった。「意識しすぎてひっかかってしまうボールもあったが、球数少なく、長いイニングをいい感覚で投げることができた」とこの日も手応えをつかみ、「課題を潰していって、ステップアップする意識を持っています」と胸を張った。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年7月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。