先発投手の評価基準の一つQSはチーム成績に関係なし? 12球団最多は鷹千賀も…

先発投手の評価基準の一つQSはチーム成績に関係なし? 12球団最多は鷹千賀も…
ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】
パ・リーグホークス千賀、セ・リーグは巨人山口がトップ

 QS(Quality Start)は、先発投手が6回以上投げて自責点3以下に押さえる投球のことを言う。先発投手の最低限の責任とされる。投手の分業が進み、完投、完封勝利が減少する中で、QSは先発投手の重要な指標となっている。

 7月16日時点での各球団のQSの状況を見ていこう。

【パ・リーグ】

○チーム別のQS数と試合数に占める比率

ソフトバンク 86試合 41QS/47.7%
日本ハム 86試合 23QS/26.7%
西武 84試合 32QS/38.1%
楽天 84試合 38QS/45.24%
ロッテ 83試合 32QS/38.6%
オリックス 85試合 43QS/50.6%

 首位のソフトバンクは半分近くがQSだが、2位の日本ハムは4試合に1回強しかない。最下位のオリックスが最多の43QS。今季のオリックスは山岡、榊原、山本と若手の先発投手が台頭しているのが大きい。しかし打線の援護が乏しく、QS数の割に勝ち星が上がっていない。

○パ・リーグ QS数10傑

1 千賀滉大(ソ)15試合14QS/93.3% 9勝2敗105回 防御率1.97
2 有原航平(日)14試合11QS/76.9% 9勝4敗97回 防御率2.23
2 山岡泰輔(オ)16試合11QS/68.8% 7勝2敗110.2回 防御率3.01
4 榊原翼(オ)12試合10QS/83.3% 3勝4敗76回 防御率2.72
4 山本由伸(オ)13試合10QS/76.9% 4勝4敗93.2回 防御率1.92
6 美馬学(楽)14試合9QS/64.3% 5勝3敗82回 防御率4.06
6 大竹耕太郎(ソ)15試合9QS/60.0% 5勝3敗98.1回 防御率3.20
8 上沢直之(日)11試合8QS/72.7% 5勝3敗71.1回 防御率3.15
8 二木康太(ロ)14試合8QS/57.1% 6勝5敗90回 防御率3.40
8 今井達也(西)14試合8QS/57.1% 5勝7敗91.2回 防御率4.12


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年7月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。