余命1年ステージ4の癌から早2年余り…不死鳥の“王キラー” 元燕左腕を駆り立てる夢

余命1年ステージ4の癌から早2年余り…不死鳥の“王キラー” 元燕左腕を駆り立てる夢
「スワローズ ドリームゲーム」に出場した安田猛氏【写真:荒川祐史】
11日のヤクルトOB戦ではマウンドに上がった安田氏

 昭和の巨人ファンに幾度となくため息をつかせた元投手が、小雨舞う神宮球場で大歓声に迎えられた。7月11日、ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」に出場した安田猛氏。2017年に癌が見つかり余命1年の宣告を受けたが、今も健在で母校での指導も続けている。現役時代、大打者の王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)にめっぽう強かった「王キラー」には、72歳になっても追いかける夢があるという。

 わずか2球でも、高揚感を抑えられないように表情を崩した。1回2死で登板した安田氏が、ゆったりしたフォームで白球を放る。現役時代は力感のない小気味いいサイドスローで「ペンギン投法」の異名をとったが、「横から投げとったら球が届かんわ」と豪快に笑って“封印”。引退した81年以来という神宮のマウンドを、つかの間でも堪能した。

 中高年以上のヤクルトファンには、きっと鮮烈な背番号「22」の姿が記憶に刻まれている。72年に入団した173センチの小柄な投手は、1年目から7勝5敗、防御率2.08の成績を残し、新人王と最優秀防御率を受賞。翌73年にはプロ野球記録の「81イニング連続無四球」を樹立した。「新人王は毎年出るけど、この記録ばかりはこれから先も抜かれんのじゃないかな」と胸を張る。78年には15勝を挙げ、初優勝の原動力になった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 王貞治 体調
  2. 王貞治 結婚
  3. 王貞治 記録
Full-countの記事をもっと見る 2019年7月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「王貞治 + 記録」のおすすめ記事

「王貞治 + 記録」のおすすめ記事をもっと見る

「王貞治 + 結婚」のおすすめ記事

「王貞治 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「桑田真澄」のニュース

次に読みたい関連記事「桑田真澄」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。