【社会人野球】復帰率30%からの奇跡 社会人監督と甲子園V腕・吉永が目指した復活のマウンド

【社会人野球】復帰率30%からの奇跡 社会人監督と甲子園V腕・吉永が目指した復活のマウンド
JR東日本・吉永健太朗【写真:楢崎豊】
JR東日本・堀井哲也監督 「7年ぶりだな、こんないい球投げるのは…」都市対抗野球初登板へ

 社会人の名門・JR東日本の監督で数多くのプロ野球選手を輩出している堀井哲也監督。19日に第90回都市対抗野球の初戦を迎えるが、あるひとつの挑戦に立ち向かっている。「復帰率30%」のけがと位置付けられた2011年夏の日大三(西東京)の甲子園優勝投手で、翌年の全日本大学選手権決勝で勝利投手にもなった吉永健太朗投手の復活だ。初の都市対抗野球のマウンドへ。同社で過ごした4年間には多くのドラマがあった。

 ブルペンの吉永の投球を見た堀井監督はうなり、思わず声をかけた。

「7年ぶりだな、こんないい球を見るのは…」

 6月のある日。2人しかわからない空間がそこにはあった。

「今、いいときのスピード感からすると、9割くらいかもしれません。だけど、ボールの質は(7年ぶりと言ったが)それくらい。肩をかばわないで放ったという意味でね。怖さはまだあるかもしれませんが、肩の痛みがなくなった。私は復帰が奇跡だと思っています」

 表情には喜びがあった。

 出会いは吉永が早稲田大学の1年生だった7年前に遡る。高校でも大学でも日本一になった右腕とは、2012年11月末から台湾で行われたアジア野球選手権だった。堀井監督はコーチ。吉永は1年生ながら抑えを任されていた。吉永は大学1年目からリーグ戦で大活躍。4勝に防御率はリーグ1位。スカウトからは“3年後のドラフト1位候補”とまで言われた。可能性は低いが、「もしも、4年後にプロに行かなかったり、何かあったりしたら、JR東日本に来いという話をしましたね」という。それがスタートだった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 社会人野球 ドラフト
  2. 社会人野球 プロ注目
  3. 社会人野球 北海道
Full-countの記事をもっと見る 2019年7月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「社会人野球 + 日本代表」のおすすめ記事

「社会人野球 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「社会人野球 + 北海道」のおすすめ記事

「社会人野球 + 北海道」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三塁手」のニュース

次に読みたい関連記事「三塁手」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。