【MLB】過去50年で5人目の快挙達成! ナショナルズ投手が1イニングで1発含む2安打の大活躍

【MLB】過去50年で5人目の快挙達成! ナショナルズ投手が1イニングで1発含む2安打の大活躍
投打に活躍したナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ【写真:Getty Images】
投げては6回途中3失点で12勝目、打っては1号3ラン含む3安打5打点

■ナショナルズ 13-4 ブレーブス(日本時間19日・アトランタ)

 ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が快挙を達成た。18日(日本時間19日)、敵地ブレーブス戦で5回1/3、8安打3失点で12勝目を挙げた。打っても3ランを含む3安打5打点の大活躍、1イニングで本塁打を含む2安打を放った投手は史上5人目の快挙となった。MLB公式サイトが伝えている。

 まさに二刀流の活躍だった。1点を追う3回に先頭で打席に入ったストラスバーグは中前打を放つと、チームは打者一巡の猛攻を見せ、再び打席が回ってくると左翼席へ1号3ランを放ちこの回2安打をマークした。投げても6回途中、8安打を浴びながらも粘りの投球で3失点で凌ぎ今季12勝目を挙げた。

 MLB公式サイトは「打席でこの記録を作るのは、ストラスがここ50年で5人目」と見出しを付け、1イニングでホームランを含む2安打を放った投手が2010年4月11日のエドウィン・ジャクソン以来、史上5人目の快挙だったことを伝えている。

 また、米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターはストラスバーグの豪快な一発を動画で公開し「420フィート(120メートル)ホームランは、今季投手が打った最長のホームランで、ナショナルズの投手としては、スタットキャストが導入されて以来(2015年以来)最長のものである」と、ストラスバーグの凄さを伝えた。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年7月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。