【社会人野球】都市対抗野球 JR東が7回一挙5得点で逆転 選手の準備が完璧にできていたワケ

【社会人野球】都市対抗野球 JR東が7回一挙5得点で逆転 選手の準備が完璧にできていたワケ
満塁からダメ押しの3点三塁打を放ったJR東日本・長谷川拓真【写真:編集部】
丸子が同点打、代打の新人・柴田が勝ち越し打 途中出場の長谷川が走者一掃三塁打

 第90回都市対抗野球大会の2回戦が19日、東京ドームで行われ、JR東日本(東京都)がヤマハ(浜松市)に7-1で勝利した。JR東日本・太田、ヤマハのナテルの両先発の好投で息詰まる投手戦となったが、JR東日本が0-1の7回に一挙5点を奪い、逆転。8回には丸子達也のダメ押し2ランが飛び出し、試合を決めた。絶好機を逃さない勝負強さが各打者にはあった。

 1点を追う7回。四球とエンドランによる内野安打で無死一、三塁の同点のチャンスでここまで2打席凡退の5番・丸子。この場面でヤマハは強力なセットアッパー、変則左腕の九谷青孝投手を送ってきた。

 当然、ここは三振狙いで外の変化球攻めが予想できた。名門・早稲田大では4番も務めた強打者でも、1点が欲しい場面ではセーフティーバントも辞さない覚悟は常に持ち、取り組んできている。堀井哲也監督も丸子のその野球観を知っていた。指揮官は打席に入る前の丸子に声をかけた。

「どうするか?」

 丸子も悩んだ。しかし、堀井監督は考えを伝えた。

「ここはお前に任せたよ」

 短い言葉に、小技という選択肢は丸子の頭からは消えた。外の変化球に苦しみながらも最後までくらいついた。フルカウントからの7球目。丸子は「三振を取ってくる場面だったので、一、二塁間を狙うイメージでした。思い切っていきました」と外の変化球にくらいつき起死回生の同点右前適時打。これで勢いがついた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 社会人野球 ドラフト
  2. 社会人野球 プロ注目
  3. 社会人野球 北海道
Full-countの記事をもっと見る 2019年7月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「社会人野球 + 日本代表」のおすすめ記事

「社会人野球 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「社会人野球 + 北海道」のおすすめ記事

「社会人野球 + 北海道」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三塁手」のニュース

次に読みたい関連記事「三塁手」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。