オリ糸井、今季初の“プレーボール弾“ 最近5試合は打率.526と絶好調

7試合ぶりの13号ソロ

 オリックス糸井嘉男外野手が15日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季初の“プレーボール弾”を放った。

 初回先頭。メンドーサの高めに浮いた141キロ直球を豪快に振り抜いた。右翼席へ飛び込む7試合ぶりの13号ソロで、先制点を奪った。

 先頭打者アーチも今季初。試合前までの最近5試合は打率.526と絶好調のバットで、4試合勝ちなしのエース・金子千尋を強力援護した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2016年9月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。