広島鮮やか逆転勝ち、首位巨人と4ゲーム差に 11連敗後は12勝3敗

広島鮮やか逆転勝ち、首位巨人と4ゲーム差に 11連敗後は12勝3敗
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
7回にバスターエンドランで逆転&野村が5勝目、高卒3年目の坂倉がプロ初アーチ

■広島 8-2 巨人(1日・東京ドーム)

 セ・リーグ3位の広島は1日、巨人に8-2で快勝。この3連戦を2勝1敗で勝ち越し、首位・巨人とのゲーム差を4に縮めた。先発の野村が6回4安打3奪三振1失点で今季5勝目(3敗)。打線は松山が4回に同点の4号ソロ、7回に磯村の左前適時打で勝ち越すと、その後も得点を重ねた。

 1-1で迎えた7回、広島が一気に試合を決めた。無死一、二塁で野村の代打・磯村が勝ち越しの左前適時打。バスターエンドランが見事に決まり、巨人の先発メルセデスをマウンドから引きずり降ろすと、なおも無死満塁の好機で菊池涼が沢村から3点目の左前適時打を放つ。さらに1死から鈴木に中前2点打が飛び出し、この回4点を挙げた。

 これだけでは終わらない。3点リードの9回2死二、三塁で代打で登場した高卒3年目の坂倉がプロ初本塁打。駄目押しの3ランを右翼席に運んだ。

 広島は6月下旬から7月上旬にかけて1分けを挟んで11連敗を喫したが、その後は12勝3敗と鮮やかなV字回復。この3連戦は初戦を落として連勝は9で止まったものの、2連勝して底力を示した。巨人とのゲーム差は4、2位・DeNAとは0.5差。セ・リーグ4連覇へ向け、上位2チームを射程圏内にとらえた。

 一方、巨人は打線に元気がなく、4カード連続の負け越し。7月26日に支配下登録され、この日、出場選手登録された堀岡が9回二死から7番手でプロ初登板。会沢を空振り三振に仕留めた。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年8月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら