12球団最少4人指名も満点ドラフトのSB、王会長も笑顔「思い通り過ぎて…」

12球団最少4人指名も満点ドラフトのSB、王会長も笑顔「思い通り過ぎて…」
今ドラフトで最大の目玉となった田中正義(写真は侍ジャパン選出時)写真:Getty Images】
工藤監督の“黄金の右手”が創価大・田中正義を引き当てる

 どよめきが起こる会場内。その中心で「交渉権確定」の文字が記されたクジを右手で掲げた。ソフトバンクの工藤公康監督だ。5球団競合となった今ドラフト最大の目玉、創価大の田中正義投手の交渉権を賭けたクジ。見事にそれを引き当てたのは、昨年も3球団が競合した県岐阜商・高橋純平投手を呼び寄せた工藤監督の「黄金の右手」だった。

 最速156キロを誇る即戦力右腕。「右手で行こうと決めていました。引き当てることが出来てよかった。日本を代表する投手を目指してほしいと思いますし、彼の投げるボールを早く見たい。即戦力として考えていますし、開幕投手を目指すくらいの気持ちで頑張ってほしいなと思います」と、工藤監督は熱くラブコールを送った。
 
 今季目指していた3年連続の日本一を逃したソフトバンクにとって、100点満点のドラフトだった。「ウチのデータから言えば、思い通り。思い通り過ぎて、4人で終わっちゃった」と笑みが絶えなかった王貞治球団会長の言葉が全てを表す。大本命の「意中の恋人」を射止めたこともさることながら、少数精鋭の4人で終えた指名は、的確にチームの補強ポイントを押さえていた。

 先に記した通り、1位指名は創価大の田中正義。アマ球界No.1投手で最速156キロを誇る即戦力投手だ。V逸を喫した今季の先発陣は、和田毅、武田翔太、千賀滉大が2ケタ勝利。東浜巨も9勝を挙げ、約3か月半の離脱があったリック・バンデンハークは7勝。その一方で、5年連続開幕投手を務めた摂津正が2勝、左腕の大隣憲司が1勝止まりだった。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2016年10月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「工藤公康 + 年俸」のおすすめ記事

「工藤公康 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋由伸」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋由伸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「梨田昌孝」のニュース

次に読みたい関連記事「梨田昌孝」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。