注目は阪神ドラ2の152キロ右腕・小野 東北地区大学野球代表決定戦が22日開幕

注目は阪神ドラ2の152キロ右腕・小野 東北地区大学野球代表決定戦が22日開幕
ドラフト会議では阪神から7位指名を受けた東北福祉大・長坂拳弥(左)【写真:高橋昌江】
明治神宮野球大会の出場かけて激突、富士大の小野は「もう一度、神宮へ」

 明治神宮野球大会の出場をかけた、第8回東北地区大学野球代表決定戦の開会式とレセプションが21日、仙台市内のホテルで開催された。

 大会に出場するのは4校。6月に行われた東北地区大学野球選手権大会優勝の富士大のほか、仙台六大学野球連盟からは秋季リーグ戦優勝の仙台大、同じく南東北大学野球連盟からは福島大、北東北大学野球連盟では富士大がリーグ優勝したため、2位の青森大が出場する。試合会場は仙台市民球場。明日22日は1回戦の仙台大-青森大、富士大-福島大が行われ、それぞれの勝者が23日の決勝を戦う。

 注目の的は、20日に行われたプロ野球ドラフト会議阪神から2位で指名された富士大の最速152キロ右腕・小野泰己投手だ。身長184センチの長身から繰り出す速球にフォークを織り交ぜる本格派。秋季リーグ戦では5勝0敗で最優秀選手賞とベストナインを受賞した。ドラフト指名時の会見では「もう一度、神宮に行っていいピッチングをしたい」と、今大会への意気込みを口にした。

昨年優勝の東北福祉大は出場できず、阪神ドラ7長坂は優勝旗返還のみ

 富士大の初戦の相手は国立大の福島大。秋季リーグ戦では石巻専修大と同率1位になり、プレーオフを制して10季ぶりに優勝した。砂川宣生主将は「個の力は強くない。投手を中心に守って、守って少ないチャンスをものにしたい」と気合十分。リーグ戦2位で出場する青森大・保戸田剛裕主将は「負ける気は一切ない」と下克上を狙う。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2016年10月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。