日ハム・レアードが終盤8回に貴重な勝ち越し2ラン 左中間へ叩き込む

ジャクソンから強烈な一発、何度も“寿司パフォーマンス”

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が26日、日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)で貴重な勝ち越し2ランを放った。

 同点の8回、2死一塁で打席に立ち、1ボール2ストライクからセットアッパーのジャクソンの甘く入ってきたスライダーをフルスイング。左中間へ運ぶ強烈な一発となった。

 終盤で2点を勝ち越し。優良助っ人は何度も“寿司パフォーマンス”を披露し、喜びを爆発させた。

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2016年10月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。