【高校野球】V候補対決の星稜VS智弁和歌山、履正社は高岡商と対戦 大会第11日みどころ

【高校野球】V候補対決の星稜VS智弁和歌山、履正社は高岡商と対戦 大会第11日みどころ
大会11日目の見どころを紹介
2回戦19得点の敦賀気比は1回戦20得点の仙台育英と、習志野撃破の鶴岡東は関東一と激突

 第101回全国高校野球選手権大会は、大会第11日となる17日に3回戦4試合が行われる。打撃好調の履正社(大阪)は、2戦連続で接戦を制した高岡商(富山)と激突。プロ注目の右腕奥川を擁する星稜(石川)は、強力打線の智弁和歌山(和歌山)と対戦する。2回戦19得点の敦賀気比(福井)は、1回戦20得点の仙台育英(宮城)との猛打対決、選抜準Vの習志野(千葉)を撃破した鶴岡東(山形)は春夏通じて初の8強進出を目指して、関東一(東東京)に挑む。

○高岡商(富山) – 履正社(大阪)第1試合・8時00分

 高岡商は石見智翠館(島根)との1回戦を延長10回6-4、2回戦では神村学園(鹿児島)を4-3で破り、2年連続夏2勝を挙げた。右の横手投げ・荒井は2試合で17回1/3を7失点と奮闘。勝てば1947年以来72年ぶりの8強進出となる。履正社は1回戦で霞ケ浦(茨城)の鈴木寛、2回戦で津田学園(三重)の前と、プロ注目の右腕を攻略してきた。1回戦では大会最多タイの5本塁打を記録するなど打線に破壊力がある。

○星稜(石川) – 智弁和歌山(和歌山)第2試合・10時30分

 優勝候補同士の注目カード。星稜は旭川大(北北海道)との1回戦でエース奥川が完封、2回戦は4投手の継投で立命館宇治(京都)を破った。奥川は2回戦で154キロをマークするなど、計11回1/3を投げて5安打12奪三振無失点と好調だ。夏の甲子園2度優勝の智弁和歌山は米子東(鳥取)を8-1、明徳義塾(高知)を7-1で圧倒してきた。明徳義塾戦では1イニング3本塁打で一挙7点を奪うなど、伝統の打撃力は健在だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年8月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら