【高校野球】球史に残る星稜奥川の投球 10回以降に150キロ超18球…データで楽しむ夏の甲子園

 星稜は犠飛、智弁和歌山は失策と死球で出塁した走者を安打で返すという、どちらも少ないチャンスの中で1点をもぎ取りました。ただ、内容をみれば、智弁和歌山は3安打3四死球で出塁率は.125と完全に奥川投手に抑え込まれました。

 星稜も9回まで8安打2四死球と走者は出すものの、智弁和歌山の投手陣の踏ん張りの前に決定打が出ず、残塁の山を築きます。猛暑の中、9回まで122球を投じてきた奥川投手。スタミナや肩の消耗を案じる中、ここからとんでもない快投を演じます。

星稜・奥川は延長戦に入ってから平均球速が上がる驚異の投球

 奥川投手のイニング別ストレート平均球速と奪三振数の推移を紹介します。
(カッコ内はストレート球数)

1回 149.4キロ(5) 奪三振1
2回 149.0キロ(4) 奪三振1
3回 150.6キロ(7) 奪三振3
4回 152.2キロ(5) 奪三振2
5回 150.7キロ(9) 奪三振3
6回 147.5キロ(7) 奪三振2
7回 148.0キロ(3) 奪三振2
8回 149.8キロ(5) 奪三振2
9回 149.9キロ(7) 奪三振1
10回 152.0キロ(2) 奪三振1
11回 150.9キロ(11) 奪三振0
12回 151.0キロ(3) 奪三振3
13回 149.4キロ(7) 奪三振2
14回 148.7キロ(6) 奪三振0

 延長戦以降のストレートの球速が伸びています。10回以降に150キロ以上のストレートを実に18球も投げています。12回はストレートは3球のみですが、スライダー、フォークを駆使して3者三振に退けました。奪三振数は実に23。これは1973年に作新学院の江川卓投手が柳川商(現柳川)との延長15回で記録した23に並ぶ2位タイ記録です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年8月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら